· 

視察報告|ベトナム・ホーチミン市農業ハイテクパーク

令和元年11月27日、新潟市議会農政議員連盟の一員としてベトナムのホーチミン市農業ハイテクパークの視察に行ってまいりました。

 

ホーチミン市農業ハイテクパーク(Agricultural Hi-tech Park:AHTP)は、ベトナムの農業生産の効率化と付加価値、生産性の向上を目指し各種研究を行うためにホーチミン市が資金を投じて2004年に設立したホーチミン市の基幹研究組織の一つで、農業ハイテク分野の研究所としてはベトナム最大の研究・教育機関だそうです。

施設面積は88.17ha (内56haは投資企業用)。ハイテク農業の試験場としての取り組みについて

①野菜・花卉・観葉植物などの温室栽培・有機栽培

②キノコ栽培(食用・薬用)

以上2つの現場をご案内いただき話を伺いました。

また、現場を見せていただいた施設以外の研究等の取り組みとして、育種や販売技術に関する研修、農業者や学生への支援、野菜・果実に係るポストハーベスト技術開発、各種技術の移転拠点などの機能もハイテクパークの重要な機能であるとの説明がありました。

 

AHTPに参入し、農業へのハイテク技術適用企業として各地方の人民委員会より承認された企業は、法人税減免、輸入税減免、資金調達、土地取得に関する便宜などの点で優遇されるということで、現在は、39社が投資企業として延べ56haで実践中とのこと。

設立当初は10数社程度であった投資企業も現在では倍以上に増えており、ベトナム農産物に対する今後の将来性がうかがえました。

高付加価値・生産性の効率化と向上を支援する市営の施設に、民間企業の研究開発にも開放する方法は、今後の付加価値販売に向けて民間の力も借りる姿勢が出ており、特徴的でした。

 

ハイテク技術の一例として、イスラエルから導入した「自動で肥料や灌漑をコントロールするシステムハウス」をご案内いただき、実際にポンプを稼働させて灌水する様子を視察させていただきました。先進的な技術を導入した実験と言う説明ではありましたが、肥料濃度や水の量などの試験データは収集途中という事で、十分な成果を得るまでに至っていない作物もまだまだあるそうです。

AHTPは、これまでは研究開発や栽培技術の試験等が中心で、ICTの利活用は不十分でしたが、今後は関係機関と連携の上、積極的に関与していくこととし、新たなシステム技術も導入し、より一層の研究成果を目指すそうです。

 

また付加価値の高いキノコ栽培という事で24時間照明・空調管理された栽培室で「冬虫夏草」が栽培されていました。重労働でなく付加価値の高い農産物についても研究しているようです。

 

佐藤会長が挨拶

灌水設備で養分自動供給

24時間照明空調管理で冬虫夏草栽培


◆◆◆視察を終えて◆◆◆

日本のコメ生産の5倍、米の輸出量も世界2~3位のベトナム。

農業人口も2千数百万人というが、南北に長い国であることから北部ハノイを含む紅河デルタとホーチミン周辺、さらに南のコメ産地メコンデルタではその農業の内容が随分違うと考えられます。

国内にこのようなハイテクセンターがいくつも構築されており、近い将来,成果として各地域の農業が大きく変わることでしょう。

それに対し、日本の農業はすでに機械化されており、施設栽培の技術も完成水準といっても過言ではないくらいに進んでいるため、これ以上のハイテク農業はどのようなイメージなのか想像しにくいところがあります。

また日本では「これからはスマート農業の時代」と言われていますが、設備投資に費用が掛かりすぎるようであれば、劇的な普及は難しいのではないでしょうか。

一方ベトナムでは、まだまだ機械化の余地が十分にあり、最近では水田の耕作も機械が導入されてハイテク化が進んできているというような説明でした。

つまり耕起などの作業がようやく手作業から機械作業になってきていることから、一気に機械化が進展すると思われます。

機械化による余力・余裕時間は、ほかの農産物の生産に回り、その結果ベトナムの農業産出額は大きく増えることになるでしょう。

見学させていただいた灌水施設のハウスや24時間空調と照明が管理されているキノコ栽培などは、日本ではかなり前に技術導入がされているもので、新鮮味あるいはハイテクという印象はありませんでしたが、これらによって日本も生産量が安定的かつ量的にも向上したことを考えれば、これらはベトナムの農業生産の向上に大きく貢献することになるでしょう。その結果、人口がまもなく日本を追い越すと言われているベトナムの国内消費の増加に十分対応するものと考えられます。

そのような観点からAHTPはじめ全国のハイテクパークの事業成果がベトナム農業の着実な近代化につながり、将来大きな農業輸出国のへと成長していく可能性を感じました。